保管状態

骨董品買取は種類によっては非常に高額な買取価格が付くことがあり、取り扱われているものも種類が豊富であると言う特徴があります。

その買取価格を決める査定で重要となっているポイントの一つが保管状態であり、絵画であれば日焼けしていたり破れていないかどうか、額縁がセットなのであれば額縁の破損や汚れなどはないか・壷などであれば割れたり傷が就いて色落ちしていないかどうかなどがチェックされます。

そのため保管状態が良いものであれば通常よりも付加価値が付くことがありますし、逆に保管状態が悪いものであれば通常の価値が高いものであっても査定額が落ちてしまうと言うことは珍しくありません。

そのため骨董品買取を利用する場合は普段から骨董品の取り扱いや保管には注意を払っておく必要がありますし、それぞれどのように保管しておけばいいのかというところを勉強しておくこともその骨董品の価値を守るために重要なポイントとなっています。

茶道具    保管状態    目利き  査定価格    優良業者   汚れ   委託販売   人気   古書   七宝製品